任意保険,補償

MENU

事故の相手に備える補償

任意保険 対人補償

事故の相手に備える補償には、対人補償と対物補償とがあります。

 

対人補償は、自動車任意保険の中で1番大切な補償です。

 

自分が事故の加害者になって相手に怪我を負わせた、障害が残る怪我をさせた、運悪く死亡させた場合は気持ちの落ち込みもすごいですが、相手に支払うお金も沢山必要になります。

 

事故の結果、裁判所から1億円の賠償責任を問われた場合に自賠責保険では傷害で120万円、後遺障害で75〜4000万円、死亡で3000万円しか出ませんので、それ以外は自分で用意しなければなりません。
任意保険の対人補償に無制限で加入していれば、保険で賄うことができるのです。

 

そう考えると、任意保険に入らずに車を運転するのは自殺行為です。
自分の将来を守るためにも、任意保険の対人補償は必ず無制限にしておきましょう。

 

事故相手の車を修理するのに備えるのが対物補償です。
他にも、ガードレールや電柱、信号機などを事故の時に破損した場合は修理費用を請求されます。
この費用も対物補償で補うことができます。

 

ガードレールは1mあたり4000〜10000円と言われますが、連なっているので1mだけ直すと言うことは少ないです。
電柱が11万円、信号機が120万円、道路標識が7万円くらいだと言います。
しかし工事費用や警備員の費用なども請求されるので、広範囲に破損した場合は150万円の請求がきてもおかしくないのです。

 

対人補償同様、対物補償も無制限にしておきましょう。